残留塩素の測定方法: 2008年7月アーカイブ

残留塩素の測定方法

水道水の残留塩素は必要不可欠なものではありますが、度を越えてしまうとそれはそれで、有害なものにもなりうるので、常に残留塩素濃度を確認する必要があります。残留塩素の濃度を測定する方法として、DPD法というものがあります。N,N-ジエチルパラフェニレンジアミン硫酸塩を粉砕した粉末に、無水硫酸ナトリウムを加えた試薬を用いるのが、この方法です。このDPD法では、遊離残留塩素の測定は1分以内に結果が出ますが、結合残留塩素を測定する場合は追加試薬を用いる必要があります。


DPD法で結合残留塩素を測定する場合は、遊離残留塩素の測定終了後に、ヨウ化カリウムを加えます。ヨウ化カリウムの投入後は、よくかき混ぜで、2分間ほど放置しておきます。この残留塩素測定に使うDPD方法の試薬により赤色に発色した値を読み取りますが、結合残留塩素の測定値は、遊離残留塩素の測定により発色した値にプラスされているため、色が濃く出ています。結合残留塩素の測定は、ヨウ化カリウムによる発色値から、遊離残留塩素の測定による発色値を引いた値になります。残留塩素測定のためのDPD法で用いられる試薬は、N,N-ジエチルパラフェニレンジアミン硫酸塩を粉砕し、無水硫酸ナトリウムを加えて結晶粒を粉砕しない程度に混和したものであります。


残留塩素を測定のDPD法では、ジエチルパラフェニレンジアミンの試薬のみでは用いません。リン酸緩衝液によりペーハー(pH)を6.5に安定させたうえでDPD試薬を投入することになります。DPD試薬投入後はすぐに赤色に発色します。時間をおかず結果を読み取らなければならないのです。DPD試薬を用いた遊離残留塩素を測定では、時間が経つと徐々に色が出てくることがあるため、遊離残留塩素が多いと考えがちですが、数分後に濃い発色となっても無視する必要があります。DPD試薬投入直後の発色が正しい遊離残留塩素の濃度を示しています。


この残留塩素の測定のDPD法では、2種類の試薬を用いる必要があるため、若干の時間が掛かってしまいます。一方オルトトリジン試薬では、1種類の試薬で済むため、一回の残留塩素測定に10秒ほどの時間しか必要としません。オルトトリジン法の黄色に比べると、DPD法の赤色の発色は見づらいといわれることもあります。つまり利便性だけを考えるとオルトトリジン法の方が優れていたのかもしれませんが、利用者の安全性には代えられないでしょう。

このアーカイブについて

このページには、2008年7月以降に書かれたブログ記事のうち残留塩素の測定方法カテゴリに属しているものが含まれています。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 4.1