isub: 2008年4月アーカイブ

残留塩素を対処する

水道水などに含まれる残留塩素は、過度であれば有害かもしれませんが、範囲内であれば全く必要不可欠なものであるといえます。但し、この残留塩素を含んでいると、水がまずくなるとかいわれていますので、出来ることなら、各家庭でも可能な残留塩素を対処したいものです。例えばその対処法として、浄水器を利用することが最も効率的かもしれません。現代では、高性能な浄水器がたくさん市販されています。例えば、ある浄水器では、遊離残留塩素や総トリハロメタンの他にも、計15種類の物質を取り除く機能があります。


現在の水道水に混じる可能性のある全ての物質の除去を目的とした浄水器で、総合的な水道水の対処法となっているのです。完全な残留塩素の対処法を求めているのなら、このように市販されている浄水器を購入すると言うことが一番てっとり早いでしょう。浄水器を利用することは、家庭で行う最も効率的な残留塩素の対処法と言えるでしょう。このような浄水器で、トリハロメタン除去を強化したタイプのものは、美味しいお水への対処法には欠かせないのではないでしょうか。


また、遊離残留塩素や総トリハロメタンを始めとする7項目で、1日10Lの使用で3ヶ月ほど使えるというような但し書きがあるかもしれません。中空糸膜フィルターを外側から簡単にチェックできる窓が付いているため、家庭の浄水使用量に応じた交換がやりやすくなっています。家庭でできる簡単かつ効果的な残留塩素の対処法がこの浄水器を利用することです。また、高性能な浄水能力がありながら、ホームセンターでは2000円前後で買うこともできるといいます。1日10Lの使用なら、3ヶ月間でカートリッジ交換を行う必要があるのは残念ですが、性能的には最も手軽にできる残留塩素対処法と言えます。


お風呂のシャワーには髪の毛や肌を傷める残留塩素がたくさん含まれているといいます。また、高い温度で熱せられた水道水からは蒸発した塩素が浴室に溜まると言われているため、何らかの対処法の必要があることは確かなのです。風呂のシャワーをで行う効率的な残留塩素の対処法は、シャワー専用の浄水器を利用することです。このようなタイプの浄水器も市販されています。家庭用シャワー浄水器です。繊維状活性炭により残留塩素の80%を除去してくれるようです。塩素除去と原水が切り替え可能となっているため、お風呂洗いに利用するときなどに無駄な浄水をすることもないのです。

このアーカイブについて

このページには、isub2008年4月に書いたブログ記事が含まれています。

前のアーカイブはisub: 2008年3月です。

次のアーカイブはisub: 2008年5月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 4.1